気になる体臭とサヨウナラ!酵素で体臭改善?!

自分の体のニオイ、気になったことはありませんか?

運動の後や緊張してかいた汗のニオイ、1日頑張った足のニオイなどなど…

ケアしているから大丈夫!…かな?

と少し不安になったあなた。

ニオイの原因が残ったまま、良い香りでごまかしていないですか?

もちろんデオドラント製品などでのケアも効果的ですがニオイの原因をみつけて体の内側から改善してみるのはいかがでしょうか?

なぜ臭くなる?

体臭は主に汗や皮脂、垢などに含まれる成分が、皮膚の雑菌によって分解されることによって発生したガスが臭うものとされています。だから汗をかくとニオイが気になるんですね。
さらに、汗や皮脂の成分によってニオイが違うとも言われています。

汗はエクリン腺とアポクリン腺という二つの汗腺から出てくるのですが、それぞれ違う成分の汗が出てくるためニオイも違ってくるのです。

エクリン腺

ほぼ全身に分布しています。暑いときや運動をしたときなどにかくサラサラとした汗を分泌します。成分は約99%が水で、あとは塩分やアミノ酸や尿酸などです。

全身でも特に手の平や足の裏に多く、緊張したときに手にかく汗などはエクリン腺から出ているとされています。

汗が出た直後はニオイはありませんが、汚れがついて時間と共に菌が繁殖するとニオイが発生します。

アポクリン腺

わきの下や性器周辺などにあります。分泌される汗の成分は水のほかにタンパク質や脂質、脂肪酸など独特のニオイのもとになりやすい成分を多く含みます。

ニオイの違いにも原因があった!?独特なニオイはなぜ?

アポクリン腺が多く、皮膚の常在菌が多い=独特のニオイを放つ(ひどいとワキガ等)部位とされています。

足の裏

エクリン腺が特に多く、非常に汗をかきやすく、なんと1日に約200cc(約コップ1杯分)の汗をかくそうです!

角質が多く、蒸れやすい環境下にもあるため雑菌が繁殖してニオイが強くなることがあります。

頭皮

皮脂が多いため、角質が剥がれ落ちたフケが発生しやすい部位です。皮脂が酸化したり、皮脂の成分が雑菌に分解されるときにニオイを発します。

酵素で体臭改善?!

体臭のことは分かったけど、酵素とどんな関係があるの?

と思った人も多いかと思います。なぜ酵素が関係してくるのか、それには腸内環境が大きく関わっているのです。

腸内環境と酵素

酵素には体内で作られる「消化酵素」と「代謝酵素」との二つがあります。

消化酵素は読んで字のごとく、消化に欠かせない酵素で、口腔内や胃腸など消化器官で分泌されています。

私たち人間は生命活動を維持するために、常にエネルギーが必要です。眠っている時でさえ、体は呼吸をしたり、心臓を動かしたりと常に活動しているので、体の細胞がひとつも活動していない時はないといえます。私たちは主に食物からエネルギーを確保するのですが、食べた物をそのまま吸収することはできません。消化酵素の働きによって、食べ物が分解されることで吸収することができるのです。

消化酵素の働きによって、タンパク質や脂質、糖質などの栄養素は、それぞれ吸収できる形に分解されていくのですが、吸収しただけでも人は活動することはできないのです。

そこで重要になるのが代謝酵素です。

代謝酵素は吸収された栄養素たちをエネルギーに変換するのに重要な役割を担っているのです。代謝酵素が筋肉や内臓など体内の細胞に各栄養素を運んでくれることで、私たちは食べた栄養素をエネルギーに変換し活動することができていると言われています。

これらの酵素たちがうまく働ける体内環境であれば、消化酵素によってしっかりと食べ物を消化することができ、エネルギーを十分に確保できる共に、代謝酵素の働きで効率よくエネルギー代謝されていくため、内臓などの活動も活性化すると言われています。しっかり栄養を摂ることができることに加えて新陳代謝がよくなり老廃物の排出もしっかり行えるようになるのです。

しかし酵素がうまく働けないと、消化や代謝がうまく行えず消化不良を起こしてしまうことも考えられます。消化が十分に行えないと未消化の食べ物が腸内に留まってしまうこともあり、腸内に腐敗したガスが発生するなど腸内環境が乱れてしまう原因にもなります。さらに新陳代謝も悪くなるため、なかなか老廃物の排出が活性化しなくなるなどの悪循環にもなりかねません。

体臭と腸内環境

なぜ腸内環境が乱れるとなぜ体臭の原因になるのでしょうか?

前述したように、腸内環境が乱れると腐敗した食べ物からガスが発生するとされています。その腸内で発生したガスは血液で吸収され全身に巡り、発汗とともに排出されニオイの原因になるのです。また循環する血液の質が低下するため、臓器の働きが悪くなり免疫力の低下につながります。そのため雑菌の繁殖を抑えている皮膚常在菌の働きが悪くなりニオイが発生しやすくなるともいわれているのです。

逆に腸内環境が整っていると代謝も活性化し老廃物の排出も十分に行えるとともに、しっかり消化吸収することができるので血液もきれいな状態であると予想されます。

体臭予防しよう!

体臭と酵素の関係についてご紹介してきましたが、具体的にどんな方法があるのでしょうか。酵素の他にも体臭改善に効果があるものも含めご紹介していきます。

その1 食生活に気をつけよう

食事の欧米化は日本人の胃腸には向いていないという見解もあります。日本人はかつては粗食の文化であり、その食文化に合わせて腸の長さが長くなっていると言われています。そのため、高カロリー・高脂質な欧米食は腸の中に残ってしまいやすくニオイの原因になることが予想されます。また欧米食は消化するのに消化酵素を多く使うとされています。そのため代謝酵素を作れる量が少なくなってしまい、代謝が落ちてしまうのです。

また動物性のタンパク質を食べると皮脂腺が刺激されて汗が臭くなるともいわれています。

なるべく消化しやすい食事を心がけるとともに、生野菜や果物など酵素を食事からも摂取するなどの工夫をしてみるのはいかがでしょうか。

その2 適度に運動をしよう!

運動不足の人は汗腺も活動低下を起こすと言われています。働ける汗腺が少なくなるため、少ない汗腺で発汗を行わなければいけなくなるのです。

本来は発汗前に栄養分が再吸収されるので、水分が多いはずなのですが、運動不足の人は再吸収する機能も低下しているので栄養分が汗と一緒に出てきてしまい、ベタベタ雑菌が繁殖しやすい汗=汗が臭くなりやすくなるのです。

また筋肉が衰えて疲れやすくなると、疲労物質の乳酸がたまりやすくなります。乳酸はアンモニアと仲がいいので、乳酸が汗で分泌されるときにアンモニア臭を発してしまうのです。

その3 内臓を健康に!

肝臓、腎臓の機能が低下すると、本来は尿などから排泄されるアンモニアが血液に吸収されて肺から呼気になって出てしまって口臭になることなどもあります。

また胃腸は酵素との関係でもご紹介したように、胃腸の機能が低下していては消化不良が起こり、そこから腸内にガスが発生するためニオイの原因となるのです。

規則正しい生活を心がけることで、酵素がしっかり作られるとともに代謝もよくなります。
酵素は睡眠時にその日に消費した分を作り出します。しっかりと睡眠をとって、バランスのとれた食生活、適度な運動など、基本的な生活習慣を見直すことが体臭改善にもつながるのですね。

もしかしたら体臭は生活習慣が乱れているサインなのかもしれませんね。

生活習慣を見直して、体の内側からキレイになれたら、きっと体臭の改善だけでなく、いつもの毎日も元気に過ごせるのではないでしょうか。