知識ゼロでも分かる!酵素の役割とは?!

あなたは「酵素」のこと、どれくらい知っていますか?

最近話題になっているけど、よく分からないなぁ…

そんなあなたのために酵素について分かりやすくご紹介していきますね。

そもそも酵素って?

酵素は地球上のあらゆる物に存在しています。ほとんどがたんぱく質からできており、人の体や食べ物などに存在し、その数は現在発見されているだけでも、なんと1万種類以上もあると言われています!そんなにあるなんてびっくりですよね。

では私たちに関係のある酵素にはどんなものがあるのでしょうか?

体で作られる酵素は2つ!

先ほど人の体にも酵素があると言いましたが、酵素が体内で生成されるって意外と知らない人も多いのではないでしょうか。
体内では潜在酵素と呼ばれる酵素から「消化酵素」と「代謝酵素」の2つの働きに分けられる酵素が作られています。

消化酵素

消化酵素は唾液や胃液などに含まれる酵素で、食べ物の消化を助けてくれる役割があります。食べた物をかみ砕いたときに口で溶けるのも酵素のおかげなんですよ。

人が生きていくうえで、食べ物から栄養を吸収することは最も重要な作業ともいえますが、食べた物をそのままでは吸収できないので、消化酵素が働いて吸収しやすい形に分解してくれるのです。

代謝酵素

私たちが生きていくために、体は呼吸をして心臓を動かして…と色々な活動をしていますが、その活動において重要な役割を果たしているのが代謝酵素です。

栄養は吸収されただけではエネルギーになりません。各臓器や筋肉などが活動できるように代謝酵素が栄養素を運んでくれるのです。そのおかげで栄養をエネルギーに変えてあらゆる活動をすることができるとされています。

代謝酵素がしっかり働けば、内臓や筋肉の活動がしっかりできると考えられるので、健康や美容にも良さそうですよね。

体の外からも酵素を!

酵素には体の中で作られるもののほかに、体の外の世界でもあらゆる酵素が存在しています。「食物酵素」という食べ物に含まれている酵素です。食べ物が熟していくのも、食べ物の中に含まれている酵素の働きによるといわれています。新鮮な生の肉や魚、生野菜、果物には酵素が含まれているんですよ。ただ、熱に弱いので加熱調理をすると働きが失われてしまう特徴があります。役割は消化酵素と同じで食べ物を吸収しやすく分解することです。

現代人は酵素不足?

酵素は私たちが毎日を健康に過ごすうえで、とても重要な役割をしていることが分かったと思いますが、酵素が不足するとどうなってしまうと思いますか?

酵素不足だとどうなる?

消化酵素が不足すれば、食べ物を分解する能力が低下しますので、消化不良を起こすと共に栄養を吸収できず未消化になってしまう可能性があります。そのため栄養不足になり、その状態が続くことは他の体の不調の引き金にもなりかねません。

また代謝酵素が不足すると、栄養を吸収したとしても筋肉や内臓などへと栄養を運ぶ能力が低下するので、疲れやすかったり、代謝の悪い体になると考えられています。

栄養が吸収できない、細胞へ栄養を届けられない、そんな状態では、しっかり活動をすることが難しいことが想像できますよね。

もし今あなたが不調を抱えているとしたら、その原因が酵素に関係している可能性もあるかもしれません。

なぜ酵素不足に?

ではなぜ酵素不足になってしまうのでしょうか。

酵素は睡眠時に作られますので、まず睡眠が十分に取れていることが大切です。

また食生活もとても大きく関係してきます。酵素は消化酵素を優先的に作る特徴があります。そのため脂っこいものや甘い物など消化に悪いものや食べ過ぎなど、消化酵素をたくさん消費する食生活を続けていると代謝酵素の作られる量が相対的に減ってしまうと考えられているのです。

  • 夜更かしが多く生活リズムが不規則
  • 野菜や果物などをあまり摂らない
  • 味の濃いものが好き
  • 高カロリーなものばかり食べてしまう
  • 食べ過ぎ

これらに当てはまる人は注意が必要です。意外と当てはまる人は多いのではないでしょうか。

あなたは大丈夫ですか?

これで脱!酵素不足

もしかし酵素不足かも…

と不安になったあなたも生活習慣や食生活を見直すことで酵素不足を防げる可能性があります。

具体的に酵素不足を防ぐ方法をご紹介していきますね。

酵素を補おう

体内で作られる酵素を補えるように、食べ物から食物酵素を摂り入れる方法です。
生の食べ物に多く含まれるということは前に話しましたが、実際にどのように摂取すればいいのでしょうか。

野菜や果物は多くの酵素が含まれていると言われています。
しかし生野菜では350g、果物であれば200gの摂取が必要と言われています。
正直難しい人も多いのではないでしょうか。

そんなあなた試してもらいたいのが、スムージーです。

トマトやキュウリ、セロリ、人参などと一緒にバナナやリンゴなどを加えてスムージーにすると簡単に多くの野菜や果物を摂取することができます。

また発酵食品にも多くの酵素が含まれているとされていますので、豆乳やヨーグルトなどをプラスしても更にいいですね!

酵素力を高めよう!

酵素の働きやすい環境を作るために心がけられることがあります。
酵素が効率よく働ける=酵素力を高めましょう!

食物繊維と抗酸化食品

食物繊維と抗酸化食品によって酵素の働きがよくなると言われています。

食物繊維は腸内環境を整えてくれるとともに、血糖値の急激な上昇を抑えてくれるので酵素の仕事量を減らしてくれます。また食物繊維の消化に必要な消化酵素の量が少ないとされているので、酵素の節約にもなると言われているのです。

抗酸化食品は体内の活性酸素の働きを鈍くしてくれます。活性酸素は体を酸化させる=体を老化させると言われています。その酸化を防ぐのに酵素が使われているため、抗酸化食品を摂り入れて活性酸素の不活性化をはかることで酵素の消費を少なくすることができると考えられます。

睡眠

前述したように、睡眠不足は酵素不足の原因にもなります。

睡眠時に日中に消費した酵素を補うので、できれば深夜0時を過ぎないよう心掛けたいところです。また個人差はありますが7時間以上は睡眠時間を確保できることが望ましいとされています。

酵素の力をうまく使って健康な毎日を!

酵素の力を味方にできれば、新陳代謝もよくなるので美しい肌を手に入れることやダイエットの成功も夢ではないかもしれません。

生活習慣や食生活を見直して、健康で美しい体を手に入れちゃいましょう!